品川山の会”さんかくてん” WEBマガジン

2022.6.25~26 丹沢主稜縦走

丹沢主稜縦走

日 程:2022年6月25~26日
参加者:三戸(L)堤(SL)矢沢 渡辺綺 今堀 福井

コースタイム:6月25日(1日目)
秦野駅7:15→(タクシー)ヤビツ峠登山口8:10→二ノ塔9:39→三ノ塔10:00
烏尾山10:49→行者ケ岳11:20→昼食12:00~12:20→新大日12:47→塔の岳13:50→日高14:30→みやま山荘15:30→就寝20:30

 6月の丹沢なんて、梅雨の時期だし、ヒルが出るんじゃないの?と行くのをためらう気持ちもありましたが、「ヒルにヒルまず頑張ろう」と、「アヒル隊」とニックネームをつけ、参加者を楽しい気分にしてくれたリーダーの心遣いで、丹沢縦走が楽しみになりました。
当日は、気温30度超えの猛暑で、風が強い予報でしたが、登山口に着くと、ヒンヤリとした空気で、風も心地よく、予想外の気温にホットしました。堤さんをトップに、コースタイム1.1倍のゆっくりペースで歩いていると、去年7月、蒸し暑い中を歩き、三ノ塔でリタイアした事を思い出しました。
心地よい風に助けられ、二ノ塔、三ノ塔と順調に歩き、本日の核心部の行者ケ岳に到着。
ゆっくりベースが功を成し、皆さん先を行かれたのでいつもは渋滞の鎖場も、待つことはありませんでした。しかし、鎖場が濡れていて、妙に怖い感じでいつもならもっとスムーズに行けるのに慎重になってしまいました。
無事、通過して気持ちの良い広場で昼食。
新大日を過ぎ、塔の岳までが長く感じます。
良い天気だったのに、塔の岳に着くとガスってきてじっとしていると寒く感じる程です。
丹沢山までは、気持ちの良い歩きが続きます。
ガスも晴れ、今日の宿のみやま山荘には、予定通りの時間で到着しました。
宿泊客は13名程度で、快適でした。夕食後、外にでると、裾野を広げた富士山を正面に見る事ができました。頭に笠雲が掛かっているのが気になりましたが、蛭ケ岳から檜洞丸までは初めて行くコースだし、檜洞丸で関山さんと合流できるのも楽しみなので、天気を祈り就寝となりました。
【ヒル情報】
本日は、1匹のみ確認。稜線上にはいないようですよ。  (記録 福井)

2日目(6/26日 晴れ)
起床 4:30 朝食5:30 出発6:00
コースタイム
6:00みやま山荘…7:10棚沢ノ頭…8:06蛭ヶ岳8:20…ミカゲ沢ノ頭…9:58臼ヶ岳…11:24金山谷乗越…12:25青ヶ岳山荘12:55…13:00檜洞丸13:35…14:54展望園地…15:45ゴーラ沢出合…16:30車道出合…16:44西丹沢ビジターセンター(バス)発17:05➡18:14新松田駅
朝食のメニューは塩分の効いた混ぜご飯、みそ汁、卵焼きの他数種の小鉢。登山者の健康に配慮された朝ご飯をおいしくいただいた。朝の食事は大事です。みやま山荘を6時に出発。

富士山を左に見ながら快調に進む。頂上にかかる笠曇が気になるが雨の心配はなさそうだ。棚沢ノ頭までは下り登りの連続で木段がかなり多い。小さな背丈のオダマキが登山道脇のあちこちに可憐に咲いている。1608m地点鬼ヶ岩ノ頭を過ぎると頂上に山小屋が見える蛭ヶ岳の山容が目前に迫ってきた。みやま山荘から2時間で蛭ヶ岳到着。昨日のコースとは打って変わり登山者の姿はめっきり少なくなった。小屋も休業でうら寂しくポツンと建っている。「丹沢最高峰」と標識ある広場で小休止して次の目的地檜洞丸に向かう。1421m地点ミカゲ沢ノ頭まではザレた急な下り、臼ヶ岳までの登り、金山谷乗越までの登り下りとアップダウンの連続だ。11:24やっと金山谷乗越に到着。ここから青ヶ岳山荘のある檜洞丸までは約350mの登りが始まる。トップを行く堤さんの絶妙な歩行のおかげでメンバー全員暑さと昨日からのロングコースの疲労にもかかわらず元気だ。緑の中に青ヶ岳山荘の青い屋根が見えてきた。目的地の檜洞丸はもうすぐだ。水の補給も必要なので青ヶ岳山荘で昼食とする。小屋のご主人は連絡先を書き置きして不在だ。水の料金は100mlにつき100円。小屋内に設置された「良心箱」に500円を入れて水補給完了。すぐ上の檜洞丸で今回の縦走には参加できなかった関山さんと13時に合流予定。

約束の時間どおり大きな重たそうなザックを背負い汗だくの関山さん登場。ザックからは冷えたドリンク、ゼリー、北海道みやげ等々が続々とでてきます。
暑さと疲労の中のご馳走にみんな大感激でした。ありがとう関山さん!

13:35最終目的地西丹沢ビジターセンター目指して下山。1000m超の下りは急峻で延々と続く。下りトップの関山さんは快調な足どりでみんな遅れまいと続いた。ゴーラ沢出合の水量は渡渉時に靴に少し水が入る程度だった。ビジターセンターにはバス発車時刻の20分前に着いたので着替えをして乗車することができた。
ちなみにビジターセンターにはカーテンで仕切られた更衣室が3室あった。

帰りに新松田駅前のイタリアン居酒屋で美味しい料理とお酒で反省会〆となりました。Lの三戸さん今回の山行にあたり詳細な資料と綿密な計画をありがとうございました!

※ヤマップデータより
 歩行 10時間44分(休憩含む)距離 12.2㎞ 累積登り1,019m 累積下り2,037m
(記録 渡辺綺)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です