品川山の会”さんかくてん” WEBマガジン

2022.4.9 箱根湯坂路(浅間山)

箱根湯坂路(浅間山)

日 時:2022年4月9日(土)
メンバー:三戸(L) 関山(SL ) 松下 渡辺(綺)  牛嶋 三部 今堀 蔦 矢沢(記録)
行程:箱根湯本駅9:35・・・湯坂路登山口9:45・・・城山城跡10:15・・・12:05城山(昼食)12:40・・・浅間山(801m)12:55・・・13:25鷹巣山(834m)13:40・・・14:20飛竜の滝14:35・・畑宿15:05→(バス)→箱根湯本

観光地箱根湯本、駅に降りると華やかさとまん延防止措置解除後の浮き浮きした雰囲気がありました。
駅から徒歩10分で登山口に到着、急な山道に入ります。途中までは人にも会わず私たちだけで山を満喫。
この湯坂路は鎌倉古道で城山城跡、鷹巣城跡等山城があった所で、苔むした石畳が所々残っており昔の武将が歩いたと思うと感慨深いものがありました。
向かいの山には山桜が満開で春爛漫です。私たちの歩く山道沿いにも山桜は咲いているのですが、かなり見上げないと気づかない程背丈がありました。こんなに山桜が上へと伸び、さらに横にも手を開いたような枝振りで山桜のイメージを変えるものでした。
他にもマメザクラ、大島桜、ナツトウダイ?が咲いていました。
城山に着いた所で丁度12時、昼食となりました。その後急坂を登ると浅間山。一端下って上り返すと鷹巣山。どちらも遠くの山は見えませんでした。
椿の並木を見ながら飛竜の滝へと向かいました。 滝は想像していたよりもずっと大きく上段と下段に分かれて流れ落ち、神奈川で最大規模の滝だそうです。

滝から畑宿までには石垣と思わせるような柱状節理(溶岩が冷え固まる時にできた割れ目)の巨大な岩がすぐそこに横たわっていました。

程なくして畑宿に到着。標高差700m弱の直登を休憩を除いてほぼコースタイムであるくことができました。

計画では箱根湯本まで旧東海道歩くものでしたが、時間も考慮してバスを使用して湯本へでました。

その後小田原の海の幸で乾杯、関山さんの復帰第2弾を祝い、交流を深めました。(食べる、飲む、話すことに専念して写真を撮るのは忘れました)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です