品川山の会”さんかくてん” WEBマガジン

2022.3.12 谷川岳・天神尾根

谷川岳・天神尾根

日 程: 2022/3/12
メンバー: 高田(L)加藤 桐畑 新美 羽根 渡邉み(記録)
行 程: 上毛高原駅⇒バスにて谷川岳ロープウェイ駅⇒9:30天神平ロープウェイ駅
天神尾根⇒肩の小屋⇒12:30谷川岳トマの耳⇒ピストン下山⇒14:45天神平ロープウェイ駅⇒上毛高原駅

当日の天気予報は、晴れだが風強し!!尾根で吹き飛ばされたらどうしようと不安がよぎる。ロープウェイも風でゆらゆら。大丈夫かなあ。ところが天神平駅に下りるとなんと微風。真っ青な空。谷川ブルーとでも言いたい。そして暖かい。アイゼンをつけて出発です。
トレースは幅広にバッチリついているし、続々と登山者がやってくる。これがメジャーな雪山というものなのか。マイナーな雪山しか行ったことのない私にとって初めての体験だ。
列をなして、標高を挙げてゆくなか(ちょこっと渋滞もあり)、左右の素晴らしい景色に目を奪われる。右手には、白毛門、笠ヶ岳その手前奥には武尊岳、左を見れば万太郎、仙ノ倉、平標かな。素晴らしい景色の中の登りは全く疲れを感じさせない。

熊穴沢の避難小屋を過ぎたあたりから風が強くなってきた。時には耐風姿勢を取りながらやり過ごす。西黒尾根には、気温が高い為か、多くのクラックが見える。

天神尾根のクラックには沼田山岳会の赤布が設置されていた。感謝です。急登を過ぎ肩の小屋までくるとなんとガスって来た。

トマノ耳に到着。風は強くガスって、先のオキノ耳が見えたり見えなかったり。目の前の素晴らしい雪庇も見えたり見えなかったり。ガスの切れ間にこのチャンスを逃してなるものかと、写真を何枚も撮る。風が弱まる気配はなく、ガスも濃くなってきたので本日はここまでとし下山する。

1500あたりまで下りると風も全くなくなりのんびり休憩。素晴らしい景色を堪能しながらの下山は気持ちがいい。

途中、イーグルを造っているカップルや、雪洞を掘っているパーティもいた。写真を撮ったり、シリセードをしたりと楽しみながらロープウェイ天神平駅に着いた。

上毛高原駅ちかくのお蕎麦屋さんで反省会をとのリーダーの目論見だったが、残念ながらそのお店はアルコールを提供しないとのこと。

東京駅まで御預け。
八重洲口の居酒屋さんで労をねぎらい、帰路についた。お疲れさまでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です