品川山の会”さんかくてん” WEBマガジン

2021.10.10 小白森山・大白森山(二岐温泉〜甲子温泉)

小白森山・大白森山(二岐温泉〜甲子温泉)

日程:2021年10月9日(前泊)〜10日快晴
メンバー:松尾(L)、福井(SL)、堤、蔦、吉岡、矢沢、桐畑、松下、松平、高田(記) 10名
行程:二岐温泉6:00〜小大白森山の登山口6:10〜蟻の戸渡り7:25〜小白森山8:40〜一杯山9:30〜大白森山10:50〜甲子峠12:00〜甲子温泉大黒屋14:20

小大白森山縦走は今年3月に6名で雪山縦走し悪天候により小白森山で撤退していた。今回はその時参加した松尾さんと福井さんと桐畑さんが甲子温泉までの完遂と静かな山の紅葉を愛で、暖かい温泉に浸り美味しい食事とお酒を愉しむ山行だ。

9日は新白河からジャンボタクシーで二岐温泉「ふじや」へ。早く着いたので雨がシトシト降る中のなか御鍋神社に1時間半程の散歩をした。釣鈴が鈴でなく鍋だから御鍋神社だが現在は御釜だった。神社前の立派な2本のサワラの木は日本の巨木100選に選ばれている。

翌10日、6:00朝食のお弁当とお茶を持って宿の若旦那に見送られながら出発、玄関から薄青空にこれから向かう小白森山がはっきり見える。「ふじや」は良いお宿でした。

標高約800mの登山口から前日の雨で濡れた草笹の直登を30分、尾根道に出て1000mを越える。歩きやすい尾根道沿いを進むと女性陣の歓声に顔を上げる。紅葉の三つ葉か五葉のツツジ、赤い実のナナカマド、黄色はブナか。右手北側は三角錐の二岐山が雲海の上に見える。紅葉とキノコを楽しみながら歩幅がある蟻の門渡りを過ぎ1563m小白森山に着く。

山頂は樹々が茂り展望は無いが澄み切った青空が広がる。堤さんは3回連続晴れ女続きだと喜んでいた。気温は暑いぐらいだ。

アップダウンを繰り返して一杯山二杯山と進み縦走最高峰1642mの大白森山に到着。
北方には山肌に紅葉が点在する小白森山と緑の二岐山眺望し、そのずっと向こうに気になる三角形の山は磐梯山だった。

昼食後¬甲子峠に下る登山道は両側の虎ロープをしっかり掴まないと滑り落ちそうで、露岩が続く難儀な道は30分100m下った。神経を使った後、紅葉の向こうに堂々たる那須連山の旭岳とたおやかな三本槍岳が大きく張り出して見えた。甲子山をトラバースし猿ケ鼻まで尾根を下り、急坂だが歩きやすい四十八曲りを終えると甲子温泉「大黒屋」に到着した。

男子チームは15時までの日帰り温泉に浸かり、新甲子温泉のバス停まで3kmの旧道を歩いて完遂となった。帰りの新幹線は満席。漸く落ち着いてきたようだ。

YAMAPデーター 10.8km,
累積標高上り1220m,下り1142m,平均ペース90〜110%。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です