品川山の会”さんかくてん” WEBマガジン

2021.4.24 西上州 毛無岩

西上州 毛無岩

2021.4.24(土) L渡辺(み)、桑村、渡辺(綾)、松平(記)
コースタイム
登山口9:20 相沢越11:53 毛無岩13:10 ゴール15:53

今日は女4人旅、のどかな上信電鉄に乗り下仁田駅下車、タクシーで登山口の山神宮へ。

・登りは沢コース、
・下りは尾根コースの周遊コース。

神宮にお参りし出発、だらだら登りから沢沿いの登山道へ、台風等で壊れた道は荒れているとの事。目印テープ、地図読みで沢を右、左と数回渡る。水は少なく靴が濡れることはなかった。不明瞭な所もあったがテープと石積みに導かれて相沢越の尾根に到着。

ここでお昼ご飯にする。登山口は新緑だったがこの辺りはまだ芽吹いていない。木々の間から遠くにピンク色の花があちこちに見えた。赤ヤシオツツジです。沢山咲いていました。近くで見ると花びらが大きくやさしい感じがした。花期が丁度良かったようで満開でした。

直下のヤセ尾根を4本足で登り毛無岩(1300)到着した。360度の大展望、浅間山,妙義山、八ヶ岳、荒船山の形が印象的でした。

すると大きな声が思わず “はーい”と返事。姿は見えない岩からすこし下りた所に男性が、岩ルートで仲間に合図している人でした。ちょっぴり恥ずかしくすみませんと謝る。

下りは足場の悪い岩稜や砂埃が舞うほど乾燥した小石まじりの急下り木の根、立木につかまりながら緊張で冷汗をかき東のコルに着く。ここから尾根コース。落葉のラッセル、しかも急下り気が抜けない、よそ見歩きは禁物。

展望岩と言われる所で毛無岩の全姿が見えた。

途中山桜も満開でした。こちらもテープ印に導かれ杉林から沢に降りたら目の前に神宮の建物が見え、ああやっとゴール地点だとホットした。

緊張の連続でしたが天気にも恵まれヤシオツツジが見られ充実した山行でした。ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です