品川山の会”さんかくてん” WEBマガジン

2022.3.12 春爛漫・幕山梅園に遊ぶ

春爛漫・幕山梅園に遊ぶ

2022年3月12日(土) 快晴
参加者 L三戸 福井 三部 渡辺綺 松下 今堀 吉岡 牛島 堤(記)
行程 湯河原駅8:45発 鍛冶屋9時着  9:10出発 10:25~10:45白銀林道分岐 傷手当11:20~11:50南郷山昼食 12:40幕山 13:50梅園 13:50バス停 14:05バス乗車

先週の三頭山は、晴天にも拘らず冷たい強風と凍った登山道に難儀した。

今日は打って変って暑いほど!!春を待ちかねた人々で、湯河原駅前バス停は長蛇の列。臨時バスが次々出る。私達は南郷山を経由して梅の郷へ行く。

鍛冶屋五郎神社が登山口。しばらく車道歩きが続く。左右にミカン畑とゴルフ場の組み合わせは、伊豆の低山に多い気がする。今年初めて会う、踊子草、オオイヌノフグリ、ムラサキケマン。懐かしい仲間に又会えた気持ちだ。あまりの暑さに、私は半そでになった。

白金林道出会いで、休憩中、堤さんその腕?と言われて見ると、肘から手袋の中に一筋の乾いた血の跡。傷口は数ミリ褐色に盛り上がっている。小心、心配性の私はもしやマダニ!!急ぎ下山して皮膚科に行くべきかと心中不安がよぎった。しかし、皆さん持参のウエットペイパー、消毒薬、ピンセット(牛島さんは素晴らしい救急セットをお持ちでした)で処置していただき、最後に三戸リーダーに両親指で、押し出して頂いても何も出ずこれはひっかき傷であるという事になりました。後日ネット検索すると、マダニは吸血はするが、咬み跡から多くの出血はしないらしい。大きさは3から8ミリ。皆様お世話になりました。たいへんお騒がせしました。

11時10分予定より20分早く南郷山山頂到着。早めのランチタイムとする。昼寝をしたい程のぽかぽか陽気で、時間もゆったり、久しぶりのゆったりタイムでした。

ここから幕山迄は約1時間。途中頼朝の自鑑水を通ります。落ち延びた彼が、水に映る自身の姿に驚き発奮したとか、自害しようとした両説あるらしい。今は、水が涸れて動物のぬた場の様にしか見えない。日当たりの良い幅広の道を足取りも軽く、三々五々楽しく歩く。幕山山頂はビックリする程の人込み。意外と狭くて足の踏み場のない状態で、南郷山でランチを済まして正解でした。すぐ下山。

この300m下降尾根は結構な急斜面にジグザグがきってある。小石まじりの乾ききった地面は、ザレて良く滑る。靴が埃だらけになる。梅園は岩登りのゲレンデとしても有名で、何ヶ所かで楽しそうに練習をしている。花は7分咲きぐらいか。蕾を残している方が私は好きだ。

幕山梅園は、下から仰ぎ見ると全体が、ピンクのグラディエーションで優しく美しい。

梅園に花咲く乙女たちと自称して、リーダーのカメラに収まる。牛島さんは花の写真を撮るのがご趣味だそうだ。

それでも花より団子が基本の我が会のメンバーは、次の反省会を期待して早々に帰りのバス停へ向かう。さすが梅まつり週間とて駅直通バスは臨時便が次々出ている。時間が早すぎたせいか、お店が開いていない。
小田原駅に途中下車して反省会をしました。時にはこんなゆったり、のんびりハイキングがとても嬉しい。笑顔溢れる写真をもう一枚。そして同じ日雪の谷川岳で、頑張っている仲間にエールを送る。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です