品川山の会”さんかくてん” WEBマガジン

2022.1.29~30 南会津・大博多山

南会津 大博多山

日 時:2022/1/29~30
参加者:渡辺美(L)、松尾(SL),桑村(会計)、堤、吉岡(記録)
行 程
1/29 浅草11:00特急リバティ会津―会津田島12:08 会津田島バス14:30-山口営業所15:25
1/30 6:00山口旅館出発―青柳バス停確認し林道入口-7:15鳥居8:25 626地点―10:30登山口-11:00下山-11:40 626地点12:30鳥居― 14:15山口営業所

1/29 14:30 唐倉山でお世話になった山口屋旅館に到着です。温泉のある 道の駅きらら まで5分程ですが、時々道が凍っているため、温泉に入りに行くのも一苦労でした。

1/30 :4:30起床6:00粉雪の舞う中、旅館のバンで青柳まで送ってもらう。青柳集落は標高554mわかんを付け誰も歩いていない雪原を林道入口を探しながらリーダーの指示に従いました。

雪は降っているが幸いにも微風。伊南川支流の久川に沿って林道4キロ女子5名ラッセル隊は松尾さん先頭で始まりました。

626m付近で久川は横向沢と縦向沢に分かれ林道は縦向沢に沿って上がっていきます。林道の雪は浅いところでふくらはぎ位、深い所で膝上まで急な登りではありませんが中々の重労働でした。10:30 登山道入り口付近到着です。

前回のさんかくてんでは雪がなかった為、沢から1062m地点にでたようです。今回はデブリの跡があり雪崩の危険がある為、沢からは断念しました。

尾根も割れ目が無数にありこちらも危険とリーダーが判断し、私達は本日ここまでとなり私は内心ほっとしました。なぜならここから急登ラッセルがはじまる予定だったからです。

下山時626m付近で休憩していたところ、突然メスの鹿がどこからか出てきて、美しいジャンプで森の中に消えてしまいました。そこからの私達の往路のトレースに鹿の足跡がずっとついていました。きっと私達のトレースをたどってきたのだということがわかります。鹿のトレース泥棒のようです? しばらく行くとスノーモービルのお兄さん、もう一台はおじさんに出会い2頭の鹿の足跡を追ってきたといっていました。幸いにも私達がいる間には猟銃の音は聞こえなかったので、鹿はきっとうまく逃げられたのでしょう。

青柳バス停にはバスの時間より2時間も前に着いてしまったので、山口営業所まで4~5キロあるのですが、待っていると寒いので歩くことに決め14:15営業所到着でこの山行は終了しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です