品川山の会”さんかくてん” WEBマガジン

2021.11.20 奥多摩御岳山交差縦走・サルギ尾根コース

奥多摩 御岳山交差縦走・サルギ尾根コース

高岩山~上高岩山~長尾平~御嶽神社~日の出山~つるつる温泉
日 程:11月20日(土)
参加者:新美(L)三戸、佐藤、上野、松下、内藤、森田
行 程:養沢神社9:06⇒11:00高岩山11:10⇒11:38上高岩山(展望台)12:10⇒13:08長尾平13:25⇒14:16日の出山14:30⇒15:33日の出山ハイキング登山口(滝本)⇒15:50つるつる温泉

奥多摩の紅葉を目当てに、また緊急事態宣言も解除されコロナ感染者数も減少しており、山に人が戻ってきた。臨時バスが3台(小型であるが、)も出て混雑している。

武蔵五日市駅で待ち合わせをした森田さんとは会えないまま、バス車内に乗り込んだ。幸いにもバス車内で、森田さんとは連絡がつき、ほっとする。(森田さん、ゴメンナサイ)

登山口となる養沢神社下の大岳鍾乳洞入口に定刻通り到着。神社下にトイレもあり、用足しに助かる。初めての人もおり、森田さんの紹介をする。境内の広場で、上野さんの指導のもとストレッチ体操をし、神社脇から登り始める。

急な登りである。喘ぎながらも、呼吸を整えながら登る。25分歩いたところで体も汗ばんできたので、着ているフリースやヤッケを脱ぐ。樹林の中を上り調子で行く。大名子の頭を過ぎ岩場っぽい所を抜け、高岩山に行く。高岩山からしばらく下り、上高岩山へと上り返すと東屋風の建物が見えてくる。展望台となっている。上高岩山はこの隣にある。ここで、昼前であるが11時半を過ぎており、昼食休憩をとる。

12時10出発。腹ごなしも済み、メンバーの足取りは快調である。芥場峠から坂を下り、御岳山の周遊コースを歩き長尾平に向かう。紅葉を目当てに若いハイカーも多い。家族連れもいる。

長尾平には、茶屋もある。展望台の方向に向かう。途中のテーブルとベンチの所で堤さんグループと桑村さんグループと合流する。今日の目的を果たすことができた。海沢コースの吉岡グループとは会うことができなかったのは残念だった。長尾茶屋の主人と旧知の森田さんとはここで別れる。

御嶽神社では、遠くから拝礼し、御岳講の宿の前を通り過ぎ関東ふれあいの道を日の出山へと向かう。

日の出山の最後の登りはやはりキツイ。日の出山山頂で記念撮影を済ませ、後はほとんど下りだけである。メンバーのみんなの足取りは快調である。途中麻生山が見えるベンチで休憩し、最後の下りを行く。

つるつる温泉には15時50分到着、ぬるっとした湯に浸かり、汗を流す。1階の広間で、みんなの健闘を讃え祝杯を交わす。
(記録・文責 新美)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です