品川山の会”さんかくてん” WEBマガジン

2022.1.15 伊予ヶ岳(336.6m)

伊予ヶ岳(336.6m)

日 程  2022年1月15日(土)晴れ
参加者  L三戸、松下、今堀、三部(記)
行 程 りんかい線大井町6:38発~新木場~蘇我~上総湊~岩井9:22着 10:10市営バス岩井駅~10:40天神郷登山口~12:00伊予ヶ岳(昼食)~13:30六地蔵登山口~14:00吉井水車小屋~15:10水仙遊歩道~15:50高速道の駅・冨楽里(海鮮丼)~19:00バスタ新宿

天群天神登山口からなだらかな樹林帯を15分程歩き終えると急登が登場し20分ほど登りきると東屋があり良い展望に到着、暖かく穏やかな天気に恵まれたおかげで南側の眺望が開け地元の街並みや富山、御殿山を望むことができ富士山も眺めがとても良く暖かい気持ちの良い時間・・・

しかしここから岩場の登山道へロープや鎖の張られた50m程の巨大な岩場を登って南峰に到着し頂上の景色は最高となる所ですが・・・。
しかし私にとっては想定外の岩場が待ち構えていました。
三戸さんに誘導されながらどうにか岩場を乗り越えて一安心・・・。
(初めてのロープ何とも悪戦苦闘しながら、何て事336.6mを舐めていました。)

しかし登り切れば360度の絶景パノラマが展開し、南房総の山々その後ろに凛々しい富士山、東京湾と眺めは最高・・・
素晴らしい景色もつかの間またしても岩場を下山しなければならず登り同様に三戸さんの誘導に助けられ何とか無事終了。東屋で絶景を見て暖かい陽射しを浴びながら昼食を30分程で済ませる。
この後は足場も危なくない富山経由下山し県道89号線沿いのすいせんを眺めながら吉井の大井戸・水車小屋でトイレ休憩と三戸さん持参の燃料でコーヒーを頂き、お目当ての「すいせん遊歩道」へ水仙の香りに誘われるがまま進むとこれがまた見事に水仙・水仙・水仙が一面咲いて優しく可愛い水仙大群に陽射しが差し込みゆったり楽しみながら遊歩道を30分程こころ和むひと時を。

最後のお目当ての道の駅へ穏やかな陽射しを浴びながら県道89号線を1キロほど歩くと道の駅到着。
道の駅「富楽里とみやま」にて海鮮丼とビールで乾杯し高速バスでバスタ新宿へ・・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です