品川山の会”さんかくてん” WEBマガジン

2020.11.7. 中央本線沿線の高柄山の5コースで集中登山を行いました

集中登山2020.11.07 高柄山5コース 山行報告

1. タヌキさんチーム

四方津駅から大地峠経由で高柄山に登り北北東の尾根を金山へ下り秋山温泉へ

日 程) 2020年11月7日(土)
参加者) L三戸、SL山口(記録)、関山、高田、橋本、渡辺綺、今堀
コース) 四方津駅8:10→8:40川井峠入口→10:25大丸→11:40高柄山12:00→2:40小高柄→13:35金山入口(登山道終了・林道入口)→14:30秋山温泉17:00→上野原駅  歩行時間6時間20分(含む休憩時間)

初めてのコースで事前に地図で良く調べ、「登りはアップダウンを繰返しした道で高柄山に登り、下りは急な下りがあり随所にトラロープの安全策が取られている」という情報を得てスタートしました。天気を心配していましたが曇りの予報で雨の心配は無く安心して四方津駅をスタート。川井橋を渡る。眼下の桂川は周辺の紅葉と相まって美しい川の風情が見えました。・・・

2. リスさんチーム

タクシーで大地峠トンネルまで行き、千足峠から高柄山往復後四方津駅へ下山しました。

日 程:2020年11月7日(土)
参加者:L吉岡 SL福井 末石(五)末石(た)杉浦 松下(記)
行 程:8時 上野原駅集合(タクシー)…大地トンネル8:52…千足峠10:21…新美さんコース合流10:39…10:16高柄山頂昼食 渡邊(み)さん、上野さんコース合流11:06…千足峠手前で三戸さんコース合流11:27…橋12:52…高尾(反省会)

コロナの影響で今年初の試み、日帰りの集中山行。我々のコースは駅から登り口までタクシー利用。登る前に準備運動。・・・

3. ウサギさん チーム

地図読みで高柄山に登り地図読みで下りました

日 時:2020年11月7日(晴れ/曇り)
参加者:渡辺美(L)松平 蔦 金子 桐畑(記録)
タイム:JR四方津駅 8:10四方津駅~杖突集落~ (地図読み) 9:13 北稜取付~ 9:47 P467~10:02 P470~ 11:01 登山道合流~ 11:10 高柄山 11:46 ~ 東稜 登山道~12:13ホウジ丸(小高柄)~ 12:41 (千頭読み) ~12:45 P552~ 13:39 金山川 橋たもと~ 14:00 バス亭~ 上野原駅

今回は、コロナ禍における新しい試み 高柄山を各チーム & コースに分かれて交差しながらの日帰り集中山行であった。参加したのはみちこさん率いる 地図読み山行 ウサギさんチーム。・・・

4. サルさんチーム

美しい林の北東尾根を辿り、千足峠から金山集落へ下山しました。

〇日 程:2020.11月7日(土曜日)
〇参加者:L上野、佐藤
〇タイム:新宿6:29―京王線─7:03北野7:04─7:14高尾7:24─7:40上野原駅
〇行 程:上野原駅8:15─タクシー8:24落合より林道─9:38尾根に向かって這上がる─10:07矢目(稜線)─11:10高柄山(昼食)12:00─12:15千足峠─13:15金山集落─13:50秋山トンネル─14:15秋山温泉(入浴) 15:30温泉のバスで上野原駅へ

2日前の11月4日に中央アルプス越百山からの帰ったばかりでやや疲れが残っている中での集中登山参加です。高柄山の北から入るパーティは「さるさんチーム」のみです。上野原駅でタクシー待ちで30分程、出発が遅れる。・・・

5. ムササビチーム

四方津駅から千足峠を登り、高柄山往復後、金山峠への稜線を歩きました。

日 程:2020.11月7日(土曜日)
参加者: 新美(L・写真)、高橋 (記録)
コース&タイム【()内の数値は標高を表す】JR四方津駅08:00⇒08:17「千足(せんぞく)集落・高柄山」標識⇒08:23吊橋⇒08:38千足集落分岐(標高300m)08:43⇒09:09林道終点(登山道入口)09:17⇒09:55千足峠(660m)10:05⇒10:23高柄山(733m)10:28⇒10:39リスチームと交差交流⇒10:50千足峠に戻る10:55⇒11:07タヌキチームと交差交流⇒11:29林道交差路(≒新大地峠680m)⇒11:34「金山峠・桜井峠」標識の林道で昼食休憩12:00⇒12:30金山峠(600m)⇒12:36デン笠(616m)⇒12:53金ピラ山(560m)12:58⇒13:34桜井峠分岐(390m)⇒13:38桜井集落の鳥獣防護柵(320m)⇒13:45桜井集落の県道35号交差路⇒14:13秋山温泉(280m)
草, 木, 公園, 森 が含まれている画像 自動的に生成された説明
林道終点後の分岐地点

記録 中央線四方津駅から左手に廻りトンネルを潜る。線路沿いを歩き桂川の橋を渡り、千足集落から左手の千足沢沿いに進む。
2年前の秋、千足集落の16世帯39人が土砂崩落で陸の孤島となる災害があった。集落の畑に生活の証左が見て取れるが今日は人の気配が無い。林道終点の登山道入口から歩きにくい急登の連続である。緑が濃く登山道・・・

つづきはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です