品川山の会”さんかくてん” WEBマガジン

2019.4.7 鎖場堪能・古賀志山

鎖場堪能 古賀志山

日時  2019年4月7日(日)
参加  関山(L)、堤、福井、渡辺綺、山口、吉岡、渡邉美、飯嶋、三戸(記)
コース 9:15北コース入口→一番岩→二番岩→三番中尾根コース→11:30
559mピーク(昼食)→13:20古賀志山→見晴台→東南陵尾根→15:30赤川ダム
一時は☂マークがついた天気予報も☀マークに変わり、元気に品川駅に集合、宇都宮
駅に向かう。
宇都宮と言えば「餃子」! 下山後の餃子パーティを楽しみにタクシーに乗り、森林公園入口の横から中尾根コースに取り掛かる。
登山道に入りすぐに一番岩が待ち受けている。そこへ現れたのが地元のおじいさん“愛称子ザルちゃん”で品川から来たと知るや岩登りの基本に始まり、模範演技に至るまでのご高説が披露され、聞くも半分で美知子さんを先頭に一番岩にアタックする。
体が慣れてないせいか、後で振り返ってもこの一番岩が一番手強かったように思う。二番岩、三番岩を何とかクリアし、有名な軍艦岩でSNS映えの写真を撮り、岩稜尾根を辿り559地点で昼食をとる。

古賀志山頂上から御岳山、中岩を経由の予定であったが時間の関係からこれを省略し見晴台を経て東南稜尾根を下る。登りの鎖場も怖いが、下りの鎖場はもっと怖い。先導の美知子さんに覗いても見えない足場を教えてもらいながら、気を引き締めつつようやく4つの鎖場を下りてきた時は正直ホッとする。総勢9名の鎖場山行は予想を超えて時間がかかることを感じながら下山、着いた宇都宮で念願の餃子に舌つつみを打ち、「怖かったけれど面白かったね!」の声を交わしながら、名苺「とち乙女」を手土産に打ち上げとなりました。(三戸)

1 thought on “2019.4.7 鎖場堪能・古賀志山

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です