品川山の会”さんかくてん” WEBマガジン

2018.8.18 棒ノ折山(白谷沢~滝ノ平尾根)山行記録

棒ノ折山(白谷沢~滝ノ平尾根)山行記録

日 程 2018.8.18(土)
参加者 L関山、SL三戸、福井、綾乃、堤

コースタイム
さわらびの湯バス停9:00・・・有馬ダム・・・白谷沢登山口9:25・・・藤懸ノ滝9:50・・・第1ゴルジュ・・・天狗ノ滝・・・第2ゴルジュ・・・白孔雀ノ滝・・・林道分岐(水場)10:40・・・分岐/岩茸石11:00・・・ゴンジリ峠11:35・・・棒ノ折山頂12:00-12:35・・・ゴンジリ峠・・・岩茸石・・・滝ノ平尾根・・・第1林道交差13:15・・・第3林道交差13:45・・・標高496mベンチ14:00-14:15・・・さわらびの湯バス停14:50

<感想・関山>
私はうかつにも風邪を引いてしまい、今朝はとても体がだるく重く感じていました。今朝の体重は74kgもあり、減量が喫緊の課題となっていました。
このコースは、低山でありながら真夏でも比較的涼しく感じら、変化に富み沢登りのような体験もできることから、私のお気に入りのコースです。さわらびの湯バス停から舗装路の坂道を登って有間ダムへ向かい、ダムの周回路の途中にある登山口(登山届ポストがあります)から登山道に入りました。
すぐに沢沿いの道になり、ごつごつした岩の谷間を川を渡ったり滝のすぐ脇を通ったり、岩をよじ登ったりしながら進むと林道に出ました。林道から登山道の入り口の脇に水場がありますが気づく人はいないようです。ここからの登山道は階段もありますが、土が雨で流されて歩きづらいケ所や根っ子道もあり、岩茸石、ゴンジリ峠を通過して急坂が続く登りをひと頑張りすると山頂に至りました。山頂は広く奥秩父の山々を見渡すことができました。
帰りは、山頂から岩茸石までは同じ道を下り、岩茸石分岐で河又バス停方面へ滝ノ平尾根づたいに下山しました。この尾根道は樹林帯の中にあり、途中3回林道を横切りながらさわらびの湯に着きました。入浴せずに飯能に向かいました。

<三戸さん>
天候不順が続くなか、突然爽やかな秋がやってきたようなイイ天気の本山行では、スタート地点から十分な水分補給をして慎重に臨みました。往路は沢あり、岩あり、鎖ありで大変おもしろいコースでしたが、何と言っても頂上からの展望は素晴らしく、又生え始めたススキの穂に秋の気配を感じました。復路は長く単調で少し疲れましたが、飯能駅近くのビールと餃子で元気を取り戻しました。

<福井さん>
暑さを覚悟していたのに、なんという爽やかな天気。秋の気配を感じる棒ノ折山でした。沢あり、岩場ありで変化に富んだ山道も涼しい風と青空で、疲れも感じませんでした。これから秋の山歩きが楽しみに感じる一日でした。

<吉岡さん>
沢沿い歩きはとても楽しく、1000mも標高がないのに風は涼しく気持ちのいい山行でした。おなじみの反省会では美味しくお酒がいただけ、楽しいひと時を過ごさせていただきました。

<堤さん>
白谷沢を巡るこのコースは、春夏秋冬美しく、楽しい路です。雪山を始めた頃、ここを12本アイゼンを着けて登った事があります。雪化粧の沢はどんなにか美しかった事でしょう。残念ながらゆとりが無く、記憶もありません。私を指導してくれた先輩方も、昔はけっこうヤンチャだったのですね。

1 thought on “2018.8.18 棒ノ折山(白谷沢~滝ノ平尾根)山行記録

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です