品川山の会”さんかくてん” WEBマガジン

地図の読み方、コンパスの使い方(品川区民ハイキング教室)

地形図でも進むデジタル化
「地図はインターネットで取得」の時代へ
石川友好(日本勤労者山岳連盟 副理事長) (2012.6.13)

1.なぜ、地形図をよめることが大切か

(1)登山地図は縮尺が小さく、等高線も見えにくいため、微細な地形を読み取りづらい。
このため、道に迷ったり、判断に迷ったりしたときには十分な役にたたない。

(2)登山地図は主要な山域でしか作られていないが、国土地理院の地形図は全国すべての地域で整備されている。しかも、自宅で国土地理院のホームページから簡単に入手できる。

2.地図の種類

(1)国土地理院発行地図
・電子国土基本図(デジタル地図国土地理院ホームページ「ウォッちず」から取得できる)
・2万5千分の1地形図(紙地図、当面はインターネットでも取得可)
・20万分の1地勢図(紙地図)

(2)昭文社等 出版社が発行する登山地図(一般書店)

3.国土地理院発行地図の地図(紙の地図)を入手するには

(1)大きな書店で買う。登山用品店で置いている店もある。
2万5千分の1地形図→1枚270円
20万分の1地勢図 →1枚320円

・都内で全国の地形図を購入できる主な書店(日本地図センターのホームページ参照
(東京駅)八重洲南口=八重洲ブックセンター、丸の内北口=丸善
(新宿)紀伊国屋
(池袋)ジュンク堂、リブロ
(神田)三省堂、書泉グランデ

地図売り場には、図のように横が広く浅い引き出しがたくさんあり、そのなかに何枚かずつ地図がしまってある。どの引き出しにどこの地図があるかは、地図売り場のどこかに置いてある索引図で調べる。

(2)「日本地図センター」に注文する
(財)日本地図センター・普及販売部 〒153-8522 目黒区青葉台4-9-6
TEL 03-3485-5414
FAX 03-3465-7591
メール maps@jmc.or.jp

・注文の仕方
手紙・FAX・メールでの注文→「注文書」と明記し、「地図の種類(2万5千分の1等)」「地図名」「枚数」および自分の郵便番号・住所・氏名・電話番号を明記し注文する。代金と送料は後納。地図を折ってメール便にすれば、送料は全国一律10枚まで110円。電話では注文できない。必ず文書で注文する。(同センターのホームページ参照)

4.地図も紙からデジタルの時代へ

地図もどんどんデジタル化している。国土地理院もすでにデジタル地図である「電子国土基本図」を基本となる地図と定め、今後は「2万5千分の1」地形図は更新しないとしている。「電子国土基本図」(および当面は「2万5千分の1」も)は、国土地理院のホームページで無料公開されている。
自宅にいながらにして、全国どこでも、いつでも地図を閲覧し、印字することができるのでとても便利。しかも、紙の地図には境目があるが、電子地図にはそれがないので、自分の必要な範囲だけ切り取ることができる。これからは、この方法が一般的になるだろう。

○「ウォッちず」の閲覧方法
インターネットで「国土地理院」または「GSI」を検索
→「地図・空中写真」
→「電子国土基本図閲覧サービス」
ウォッちず(地図検索画面へ)
→索引図から自分の見たい箇所を選択
※縮尺は何段階かで切り替え可能
※「ウォッちず」で最初に表示されるのは「電子国土基本図」だが、「2万5千分1地形図を閲覧」をクリックすれば、「2万5千分1地形図」に切り替わる。

○「ウォッちず」の印字方法
「ウォッちず」の画面は、そのままでは印字できないので、「電子国土ポータルでこの地図を見る」をクリックする。画面右上に「プリント」ツールがある。なお、用紙一杯に印字する場合は、「プラグイン」をインストールし、プラグイン版を使用する。磁北線を記入し印字もできる。

○地図専用ソフトを使って閲覧、印字する
国土地理院の「ウォッちず」から地図を読み込み、それを様々に利用するソフトが便利だ。代表的なのは次の2つである。
カシミール3D
トレッキングマップエディター

●「カシミール3D
・無料で「カシミール3D」のホームページからダウンロードできる(パソコン本体にインストール)
・電子国土基本図にだけ対応
・やや使い勝手が悪い感あり

●「トレッキングマップエディター
・有料で「トレッキングマップエディター」のホームページからダウンロードする(3980円 クレジットカード払い)。ただし、一度ソフトをダウンロードすれば、あとは無料で自由に使用できる。
・ソフトはパソコン本体にインストールではなく、フォルダの形になっているため、簡単にコピーができ、USBメモリーに保管して持ち運べば、インターネットに接続しているどのパソコンでも利用が可能で便利。
・ワンタッチで「電子国土基本図」と「2万5千分の1」地形図を切り替えられる。
・印字がきれいで扱いやすい。
・表示縮尺を任意に変えることができ、拡大印刷が楽にできる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です