品川山の会”さんかくてん” WEBマガジン

2019.9.13~16 北穂高岳・涸沢岳・奥穂高岳・前穂高岳縦走

北穂高岳・涸沢岳・奥穂高岳・前穂高岳縦走

【日 程】2019年9月13日(金)晴れ~16日
【参加者】飯島(L)、佐藤(SL)、川田、渡辺(綺)、清水、上野
【出 発】集合9/13 22:00()

9/13 出発日

◆先発組(佐藤、上野) バスタ新宿7:15発――12:10上高地12:30~徳沢園15:30
◆深夜バス組(飯島、川田、清水、渡辺綺)バスタ新宿22:25発 さわやか信州号5803便)

先発組の佐藤、上野はバスタ新宿を7:15出発  12時過ぎ上高地到着。今日は時間があるので、梓川の川辺りでコーヒーを飲んだり、野生猿と遭遇したりして徳沢園に宿泊しました。(上野)

9/14 1日目

5:20上高地バスターミナル 5:50出発7:30徳沢園(全員集合)—8:33-新村橋 —-8:44-奥又白谷登山口—パノラマコース— 13:30屛風のコル(休憩)—-パノラマコース–涸沢小屋【泊】

徳沢園でメンバーと合流、天気は快晴。当初の計画では横尾経由で歩くことになっていましたが、パノラマ新道は歩いたことがないとの事でコース変更しました。話しによると展望が良いと聞いていたので、興味深く出発しました。最初は樹林帯の中を歩き、暫くするとざれた道とゴツゴツした岩が現れて歩きにくい。途中、メンバーの一人が足がつったとの事で、休みながらゆっくりペースで進みました。夜行バスの疲れが影響したのかもしれません。急斜面が続き体力的にはハードな道で、屛風のコルに近づくと、高山植物もちらほら見られました。屛風のコルからの眺めは素晴らしく、穂高連峰の山々が見られ、大パノラマでした。いつまでも眺めていたかったですが、涸沢小屋に向いました。ここからはまた大変で狭くて切れ落ちた岩場を、いくつも通り緊張の連続。鎖、ロープの張られたガレ場も多く、油断すると滑り落ちてしまいそうでした。何とか無事に通過し、涸沢ヒュッテのテント場が見えはじめ、涸沢小屋に着きました。小屋は連休の為か、登山者で大混雑、今夜はメンバーと焼肉鍋を囲い、早々に就寝しました。(上野)

9/15 2日目 快晴

4:00起床 涸沢小屋5:30──7:23南陵9:04──9:12北穂分岐──北穂高岳北峰9:30──北穂分岐10:09──10:20北穂高岳南峰──11:53最低ノコル──13:05涸沢岳──14:10穂高山荘【泊】

明け方の星空がとっても綺麗でしたが、やっぱり今日はこの上ない快晴です。
朝日に輝く涸沢カールの山々とカラフルなテント村を後にして小屋を5時半に出発しました。まずは北穂高岳を目指します。30分後に最初の休憩、青空にそびえる奥穂と前穂を眺めてしばしリラックスしました。岩稜帯を進み北穂高岳南陵で休憩、「ゴジラの背」を眺望できる絶好の場所です。今回の穂高縦走は、当初この「ゴジラの背」を登頂する計画だったそうです。来年登頂したら是非お話をお聞きしたいです。北穂分岐でザックをデポして北穂高岳南峰3106mを目指しました。標識板には「北穂へ0.2㎞ 奥穂へ2.3㎞」とあります。
北穂頂上は青空のもと、ぐるり360度最高の眺望です。槍~笠~常念 遠くには剱、鹿島槍、薬師も見えます。特に眼前の槍ヶ岳はどっしりと大きく圧巻です。

さんかくてんの皆さんが先日縦走された長谷川ピーク~キレットもよく見えました。ゆっくりと眺望を楽しみザックをデポした北穂分岐に戻り涸沢岳を目指しました。険しい岩稜帯で、鎖 梯子 浮き石や落石に注意し緊張を強いられる連続でしたが穂高ならではの素晴らしい景観を堪能できました。小屋にはPM2時頃につくように時間調整しながらゆっくりと進みました。穂高山荘に到着、まずは小屋の前でビールで乾杯し北穂~涸沢岳の厳しい岩山登頂の余韻に浸りました。夕食は食当のめいちゃんがたっぷりの美味しいお肉、野菜、つまみ、アルコールを担いで登って下さり明日へのエネルギーたっぷりといただきました。(渡辺綺)

9/16 3日目 最終日 曇り時々晴

3:30起床 5:10出発──6:10奥穂高岳6:32──8:35紀美子平8:58──9:38前穂高岳10:00──10:35紀美子平──13:35岳沢小屋──15:30林道──15:45河童橋16:00──16:07上高地バスターミナル  16:15(発)アルピコ交通バス (着)バスタ新宿21:02 解散

朝は清水さんの「おじや」を有難く美味しく頂く。夜明け前の5:10にヘッドランプを付け、コルにある山荘から、梯子や鎖場のある急登を15分も登ると緩やかになり、岩くずの斜面を登るにつれ、明るくなり、ヘッドランプを消しました。昨日は小屋から見ると、登る登山者と下る登山者が交差し大渋滞だったルートも朝一番は登る人のみで快調である。奥穂高岳は日本で3番目の高峰である。山頂は多くの人であふれ、休憩や記念撮影の場所もありません。山頂を少し過ぎた場所に平坦地を探し記念撮影を行い出発です。前穂高岳に向かう吊尾根は大きな下りがありませんが、尾根をトラバース気味にところどころ岩場を混じえてのルードです。皆さんのんびりおしゃべりをし、振り返ってジャンダルムを見たり、現れた虹をみたりしながら紀美子平に着きました。紀美子平も多くの人で溢れ前穂高岳往復の為、不要のザックを置く場所もないほどです。前穂高岳への登りの岩場で渋滞です。どうも大人数のツアー客が下りてくるのにぶつかったようです。穂高連峰縦走の最後の前穂高岳山頂の頂上部は岩くずの広い広い広場です。残念ながら期待していた大展望は雲に閉ざされ全くありません。前穂高岳を後に元来た紀美子平に戻りました。紀美子平から重太郎新道の急な尾根筋や鎖場や梯子を下りますが、各所で渋滞し前に進めません。ようやく8/6に大キレット縦走組の写真で写っていた岩場で大人数ツアーを抜くことができました。道は緩やかになり、岳沢小屋で冷たいジュースで一服後、単調な岳沢が時々見える道をひたすらに下りました。上高地に近づくと数匹の猿の軍団が恐れる様子もなく我々の脇を通り過ぎます。残念ながら大人数ツアー組で失った時間は大きく、小梨平の温泉で汗を流す時間は取れませんでした。河童橋のトイレで汗を拭き、慌ててついた上高地バスターミナルは16:07です。
16:15(発)バスタ新宿行きは私と上野さんは東京でのネット販売では満席でありません。当初からどっかに泊まろうとの予定でした。バスターミナルの乗車券窓口には16:15(発)は満席の立て札が下がっています。万事休す。念のため、窓口に確認すると切符はあるから直ぐに乗車できますとのこと。但しネットでは無理ですとの返事、慌てて切符を購入し、出発2分前に乗車しました。21時過ぎにバスタ新宿に到着し全員で解散となりました。上野さんはどこかの温泉に泊まる算段でしたので拍子抜けの表情でした。
私は55年ぶりの穂高連峰縦走と初めての涸沢は天気に恵まれ、大展望とスリル満点の岩場を楽しむことができました。若者達が多く人気の理由が分かるような気がします。涸沢小屋や穂高岳小屋の足の踏み場のない大混雑、両小屋のテント場も段々畑の上の方まで小さなテントがかぞえきれないほど張られていたのもよい思い出になりました。(佐藤)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です